毎回のアルコール消毒は面倒だなと思っている方へ

オススメ商品

お客様利用後、毎回のアルコール消毒は面倒だなと、何故なら時間と人手がかかるから

他人事とは言え、特にホテルや、コワーキングスペース、ネットカフェは作業が大変だなと思う

ただし、お客様に対するパフォーマンスの一部ではあるし、手から感染すると言われていのでめるわけにはいかない

アルコール消毒はウイルスへの即効性がありますが、すぐに消滅してしまう難点があり、
また、65%以上のアルコール度数でないと、効果がないと言われています。

毎回消毒出来ない場所

また、同じく人手の問題で、目立たないですが毎回消毒出来ない場所があるのは確か

例えばトイレのドア、ペーパーホルダー、便器のフタ、メニュー、タッチパネルなど、お客様の手が必ず触れる部分の対策が必要になってくる。

本当にこれら毎回消毒出来ない部分の感染対策も同時に行うなら、アルコールだけでは不十分と感じる。

そこで、少しでも毎回消毒出来ない部分の作業にかかる時間と人手を軽減できるものはないか?

抗ウイルス対策

そんな時、電車・バスなどの公共交通機関やジュースの自販機などに、貼られているステッカーに気が付きました。

調べてみたところ、複数のサービスや製品がありましたので、それらについて書いてみました。

選定基準として、経済産業省が発表している、○○○ウイルスへの効果があると、実証された成分を含む製品のみをピックアップしました。経済産業省の文書(PDF)はこちらのリンクから

対策品2つのサービス

そして、その製品(サービス)は作業(施工)タイプにより大きく2つに分けられ、そのメリットデメリットを解説したいと思います。

業者施工型

・光触媒

・無光触媒

自身施工型

・4級アンモニア塩

・独自成分

 

タイトルとURLをコピーしました