記事内にプロモーションが含まれています。

iPhone再生品は危険なのか?その実態を解説

iPhone

iPhone再生品は危険?整備品や中古と何が違う?

ネットでiPhone中古やiPhone整備品と検索すると、iPhone再生品というワードを表示しているBack Marketというサイトの広告をよく見ますね。そして、「iPhone再生品」と検索すると、iPhone再生品危険という関連ワードがで出てきます。そこで、このiPhone再生品危険なのかまた、整備品や中古との違いを解説していきます。

アップル公式サイトより

iPhone再生品と整備品は同じ?中古との違い

iPhone再生品とは、一度使用された後に修理やクリーニングを施され、再び市場に出回る製品のことで、Back Marketや一部のamazon製品で使われている言葉です。整備品も基本は同じで、販売する業者による厳しい品質基準をクリアして整備された製品で、Apple認定整備済品、にこスマ整備品やamazon整備済み品などがこれにあたります。

これらの製品と中古品の大きな違いは、再生品や整備品が専門の技術者によるチェックと修正を受けている点です。しかし、一度使用された実績があるため、新品と比較するとやや劣る部分もあります。ですが、価格面でのメリットが大きく、機能的には十分に信頼できるレベルであるため、多くのユーザーに選ばれています。

ただし、Apple認定整備済品は外観(外装)が新品に交換されているため、amazonにこスマに比べて、外観状態にメリットはありますが反面、価格にメリットはありません。また、そもそもの在庫数が少なく、機種、カラーや容量などの選択肢もありませんが、Appleから直接買える安心感があります。

そこで、にこスマamazonBack Marketの整備品の比較をしてみました。比較するのはApple認定整備済品として販売されているiPhone 12 Pro 512GBグラファイトです。Apple以外ではSIMフリーのAグレード(ランク)ですが、にこスマ以外はバッテリー最大容量が不明ですので、斜体字として参考価格を掲載しました。なお、価格と在庫(2024/1/30現在)は変動することはご了承ください。<PR>

比較表にこスマamazonBack MarketApple
価格:税込94,100110,058107,680108,800
バッテリー状態確認

100%品アリ

不明

不明

100%品のみ

外観状態確認複数画像あり不可不可新品同様
返品保証

1年保証

180日

30日

1年保証

満足度

にこスマはバッテリー最大容量100%品の価格を掲載、amazonBack Marketの出品業者それぞれ偶然にもにこスマで、ほぼ同一商品と思われますが、販売サイトにより結構な価格差がありますね。また、Back Marketは購入手数料の880円を含んだ価格になっています。

新品との違いや購入時のリスクは?

新品と再生品や整備品の最大の違いは、先ほどの比較表のように、やはり価格です。再生品や整備品は新品に比べて大幅に価格が抑えられています。しかし、購入時のリスクもわずかですが存在します。例えば、外観に目に見えない細かな傷があったり、バッテリーの寿命が短かったりすることもあります。また、購入先によっては、十分な品質チェックが行われていない可能性もあるため、信頼できる販売元から購入することが非常に重要です。

iPhone再生品は危険じゃない:どこで買うのがベスト?

そこで、外観状態やバッテリー残量最大容量が表示されていて、ドコモの下取りプログラムの指定業者になっているにこスマがオススメです。また、各社整備品の特徴を以下に解説していきます。

にこスマ整備品

にこスマは、伊藤忠商事のグループ会社である株式会社Belongが運営するサービスで、信頼性の高い中古スマートフォン販売サイトの一つです。

にこスマは、リユースモバイル事業者認証制度の基準に沿って、自社の端末検査センターで厳格にチェックされた整備品を取り扱っており、データ消去や機能検査のソフトウェアも活用しています。また、自己都合による返品14日以内、万が一の故障の場合30日以内は返金対応1年以内無料返品交換の対応をしているため、購入後の安心感も提供しています。

アップルストア整備品

iPhone整備済製品は、品質と安全性を最優先に考えた製品です。Appleの専門技術者によって徹底的にチェックされ、すべてのモデルに次のものが付属しています。
①新品のiPhoneと同じ1年間の保証
すべてのマニュアルと付属アクセサリ
新しいバッテリーと外装
④新しいホワイトボックス

上記のように公式ならではの信頼性とともに、新品と同様の保証が付いてくる点も大きな魅力です。ただし、iPhone整備済製品は、以下の点で通常販売製品との違いがあります。
整備済品専用箱であることと、固有の*モデル番号の為、買取価格は安くなります。

*モデル番号:新品はMから始まり、Nが交換用、Fが整備済品となります。

Amazon整備済み品

Amazon整備済み品は、Amazonが認定する販売者が提供する再生品です。品質には定評があり、バッテリーの状態や外装の状態が良好な製品が多い印象ですが、正確なバッテリー最大容量や外観状態の表示はありません。ただし、購入後のサポート体制も整っており、返品ポリシーも充実しています。

Back Market再生品

Back Marketは、さまざまなブランドの整備済みスマートフォンを取り扱っているオンラインマーケットです。こちらでは、厳しい品質基準に合格した整備済みのiPhoneを多数取り揃えており、購入後の安心を約束する保証サービスも充実しています。ただし、上記のAmazonのように、自社で整備販売するのではなく、楽天市場のように販売者に場所を提供するサービスとなっていますので、万が一の場合は直接、販売者と交渉しなければなりません。

iPhone再生品(整備品)を安全確実に購入するポイント

バッテリーの正確な消耗度の確認は超重要

iPhone再生品を選ぶ際に最も注意すべきはバッテリーの状態です。バッテリーの消耗度は、スマホの使用感に直結するため、購入前にその最大容量や充電回数を確認することが重要です。信頼できる販売元では、バッテリーの状態を明示していることが多く、消耗度が少ない製品を選ぶことで長期間安心して使用できます。

外装状態の確認

再生品や整備品は新品と比べて価格が抑えられていますが、それでも外装の小さな傷や使用感が気になる場合があります。外装の状態にこだわる方は、購入前に製品の写真や詳細な状態説明を確認し、納得のいく製品を選ぶことが大切です。

在庫数確認も重要

再生品や整備品は希少な場合が多く、欲しいモデルや色がすぐに見つからないこともあります。定期的に在庫状況をチェックし、希望に合った製品が見つかったら早めに手を打つことが大切です。

保証と返品

再生品や整備品を購入する際には、保証期間と返品ポリシーを確認することが重要です。特に、初期不良や予期せぬ故障に対して、どの程度のサポートが受けられるのかを知ることで、安心して購入できます。また、製品が期待に沿わなかった場合に備え、返品条件も事前に把握しておきましょう。

以上の点に注意し、信頼できる販売元としておススメするのはにこスマです。また、最新のバッテリー最大容量100%品の在庫状況はこちらからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました